松山英樹選手のドライバーm5はテーラーメイドのどんなクラブ?

松山英樹のドライバーはテーラーメイドのm5ドライバーです。

松山プロは頻繁にドライバーをチェンジします。

テーラーメイドm5で調子がよさそうでしたので、調べてみます。

スポンサードリンク

松山英樹のドライバーのテーラーメイドm5とは

松山英樹プロはドライバーは最近はテーラーメイドかキャロウェイのどちらかを使用します。

基本的にはアドレス時の見た目でつかまるかどうか確認しています。

現在テーラーメイドm5と、シャフトはグラファイトデザインの「Tour AD GP」の組み合わせです。

テーラーメイドm5はどのようなドライバーでしょうか

多くのトッププロが使うm5は、最新ドライバーの中では操作性もあり、ハードヒッターには扱いやすいのではないかと言われています。

引用:https://bit.ly/30DOW0r


このヘッドは、「スピードインジェクション」を搭載しています。

「スピードインジェクション」とは、ヘッドの反発係数をルール上限の最大値まで設定することが可能な最新テクノロジーです。

ボール初速を最大化することで大きな飛距離アップが期待できます。

それに加えて、ねじれたフェース「ツイストフェース」も健在です。

ブレに強く、直進性の高さが特徴です。

また、ソールに2つの可変ウェイトが装着されています。

そのため重心位置を調整することができます。

スポンサードリンク

松山英樹も使用するテーラーメイドのm5の評価

このドライバー、テーラーメイドm5のヘッドの形状は、投影面積が大きいです。

したがって安心感のあるヘッドです。

前作までは若干ヘッドを地面に置いたときの座りの悪さが目立ちました。

ところが今作は改善されていて、すんなりアドレスができます。

また、クラウンのカーボン部の面積が大きくなり、フェース面よりのシルバー部分の幅が狭くなっています。

より直線的なデザインになっているので、構えやすいです。

飛距離に関しては、よく飛ぶ上に高初速です。

加えてスピン量が適正なので、どんな状況にも安定して飛ばせます。

低スピンながら打ち出し角度が適正なので、しっかりキャリーが出ます。

弾道は安定したドローボールが出せます。

ちゃんと捉まるのでコントロールが効き飛距離アップにつながります。

打感はよく、最近のテーラーメイドにはなかった柔らかな感じがします。

音も落ち着いています。そのような理由で変更したようです。

スポンサードリンク

松山プロも使用m5ドライバーはどんなゴルファーに向いてる?

それでは、松山プロも使用のテーラーメイドのm5は、どのようなゴルファーに向くのでしょうか。

まず、とにかく飛距離を伸ばしたいゴルファーに向いています。

m5は高初速のドライバーで、ボールが前へ前へと飛んでいきます。

そして打感の良さを感じたいゴルファーに向いています。

フェース裏の樹脂の効果からか、今までのテーラーメイドにはなかった柔らかい打感です。

それを感じたいゴルファーにおすすめです。

それから、弾道調整機能を使ってカスタマイズしたいゴルファーにおすすめです。

そして、見た目の大きさやツートンカラーに違和感がなければ、おすすめです。

唯一気になる点はバランスがD3.5と少し重いということでしょうか。

しかし外国メーカーを普段から使用しているゴルファーなら違和感はないでしょう。

外国メーカーということで、日本モデルよりUSモデルの方が金額的にはお安いです。

USモデルで検討してもよさそうです。

スポンサードリンク

まとめ

頻繁にドライバをチェンジする松山英樹プロ。

現在はテーラーメイドとキャロウェイのドライバーのどちらかを使用しています。

その中で選ばれたのがテーラーメイドのm5。

こちらは安定感があってボールが前へ前へと進みます。

キャリーもしっかり出るドライバーです。

打感も柔らかく、心地の良い音がします。

このように、よい特徴がたくさんあるので、m5は是非試してみたいドライバーです。